第一回定例会一般質問「これからの都市公園や緑地のあり方について」

2018年2月21日 00時08分 | カテゴリー: 活動報告

2018年第一回定例会にて一般質問します。

「これからの都市公園や緑地のあり方について」

昨年、都市緑地法等の一部を改正する法律が施行されました。公園、緑地等のオープンスペースは、良好な景観や環境、にぎわいの創出等、潤いのある豊かな都市をつくる上で欠かせないものです。また、災害時の 避難地としての役割も担っています。
都市内の農地も近年、住民が身近に自然に親しめる空間として評価が高まっています。

このように、さまざまな役割を担っている都市の公園・緑地を、民間の知恵や活力をできる限り生かしながら保全・活用していくということが改正の目的とされており、市区町村が策定する「緑の基本計画」等において、都市公園の 管理の方針や民間活用の計画などを記載することが盛り込まれています。

府中市においては、現在「緑の基本計画」の改定のために、現計画の検証や施設利用者の視点を設けるための検討協議会が設置されています。 都市の公園・緑地の管理や、活用の方針の見直しを国が求めていること をきっかけに、また「緑の基本計画」改定を機に、公園・緑地の活用に 向けた協議会での議論が進むものと期待しています。

近年、公園で遊ぶ子どもの声を騒音と捉えた苦情や、ボール遊び等の禁 止事項が多く、子どもの遊び場を奪っているということが社会問題とな っています。その一方で、行政と市民の協働によって子どもの自由な遊 びを保障する冒険遊び場づくりが各地で進められており、都内でも約70 カ所の冒険遊び場が開設されています。

これからは、より身近な子どもたちの自由な遊び場として、また、体験 学習やコミュニティ形成などの場として、公園・緑地の必要性が増して きます。公園施設の老朽化に対する長寿命化、更新などについては、公 園の機能の見直しを行い、地域のニーズに応じた公園のあり方を考えて いく必要があります。市として「子どもの育ち」を育む場として、また、 市民との協働を生かしたコミュニティとしての公園の必要性をどのよう に考えているのか質問します。

  1. 府中市の公園の現状についてお聞きします。
    ・現状の公園施設の状況と課題を教えてください。
    ・公園、緑地等の管理は委託とボランティアがかかわっていると聞きますが、具体的にはどのような団体がどのように活動していますか。 そこでの課題があれば教えてください。
    ・公園における「禁止看板」にはどのようなものがありますか。どのような経緯でつくられてきましたか。また、子どもたちの遊びへの影響についての検討は行われましたか。
  2. 都市緑地法等の一部改正を受けて、他自治体の取り組みにはどのようなものがありますか。市として具体的な取り組みは検討されていますか。
  3. 「緑の基本計画」についてお聞きします。
    ・「緑の基本計画2009」について、達成できたことや未達成だったこ となどを教えてください。
    ・基本計画の見直しに当たっては、法律の改正などにより盛り込むべ き内容が追加されています。協議会ではどのように審議されていく 予定ですか。民間活力導入や緑地の活用について、市民による活動 を取り入れていくことについて市の考えをお聞かせください。