9月議会で、マイナンバー法の課題について質問します!

2015年8月30日 21時39分 | カテゴリー: 活動報告

早いもので8月も終わりですね。
明日、8月31日から2015年の第3回市議会が始まります。

今回の一般質問では、 「マイナンバー制度導入にともなう課題について」をテーマに
市に質問します! 

一昨日の参議院本会議で、個人情報保護法とマイナンバー法の改正案が可決されました。
私たちの個人情報がどのように利用され、また守られるのか、その仕組みについて市民の理解は進んでいないと感じられます。
何かと便利さだけが強調されている感のある「マイナンバー制度」なのですが、
どのようなシステムなのか、また危険性については市としてどのように対応するのか、
市民の目線から質問していきたいと思います。
以下は質問の内容です。 

——————————————————————

 2013年に「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」いわゆる「マイナンバー法」(以下番号法)が制定され、いよいよ10月から通知カードの送付が始まり、住民票を有するすべての方一人ひとりに「唯一無二」とする12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。マイナンバーは年金、雇用保険、医療保険の手続き、生活保護や福祉の給付、確定申告などの税の手続きなど法律で定められた事務と、災害対策の行政手続きで利用され、民間事業者でも社会保険、源泉徴収事務などで法律に定められた範囲に限り利用することになります。2016年1月から「個人番号カード」発行のための番号確認と身元確認が開始されます。
 そもそも、マイナンバー制度は、社会保障・税制度の効率性、透明性を高め、国民にとって公平・公正な社会を実現するための社会基盤として進められていました。当初作られた「社会保障・税番号大綱」では、正確な所得を把握することで社会保障や税の給付と負担の公正化が図られ、これまで行き届いていなかった人への積極的な支援に活用することや、国民の権利を守り、国民が自己情報をコントロールできるようにするものとされていました。
 一方、個人番号は各種個人情報を正確に名寄せでき、悪用された場合の危険性が一般の個人情報に比べて高いと考えられることから、現行の個人情報保護法制より手厚い保護措置を講じるため、番号法は現行の個人情報保護法制の特別法として、自治体に対し「特定個人情報」(個人番号をその内容に含む個人情報)の適正な管理について必要な措置を求めています。それに基づき、この9月議会でも個人情報条例の一部改正の議案が上程されていますが、今後、市の個人番号の独自利用についても検討し、行う場合にはその事務について条例で定める必要があります。
 そのような中、運用期日が迫るにつれ、新聞などでも、この制度で当初国が言っていたような社会保障がきめ細やか、かつ的確に行われる社会が本当に実現するのか、費用対効果はどうなのか、個人情報のシステム共有で情報漏えいの危険性はどこまで検証されたのか、などを危惧する声があがっています。
 また、2017年1月から運用が予定されている「マイナポータル」(情報提供等記録開示システム)については、国民の利便性を向上するための仕組みとして国民一人ひとりに専用のポータルサイトが提供される予定となっていますが、なりすましによる情報操作の可能性など、様々な問題が指摘されています。
 このような状況を踏まえ、インフラの整備にも膨大な費用がかかり、自治体の負担も多大な仕組みの構築となることから、マイナンバー制度導入にともなう市の取り組みと見解について伺います。

1.個人番号付番にともなう事務的な手続きや苦情処理について

  1. 住民票を持たない人への対応はどのようになっていますか。
    また、マイナンバーを提示することができない場合、生活保護等の社会保障サービスを受けるためにはどのような手続きが必要でしょうか。
  2.  住民登録地と異なる場所で生活している人については、8月24日から9月25日までに住民票のある市区町村に届け出るようにとされています。また、府中市のホームページには「DVの被害にあわれている方は原則、実際にお住いの場所に住民登録をし、DV等支援措置を申し出ていただくようになります」と記載されていますが、「DV等の支援措置」を行うにはどのような手続きが必要ですか。
    またDV等の被害者の安全はどのように確保されますか。庁内の連携体制などを教えてください。
  3. 市ではコールセンターを設置するとのことですが、苦情やトラブル対応の窓口設置の予定はありますか。

2.マイナポータルについて

  1. 利用は任意とされていますが、あらゆる個人情報にアクセス可能であり、インターネット上で手続きを行えることでの様々な問題も指摘されています。市としてはどのような活用方法と課題があると考えていますか。

3.条例について

  1. マイナンバー制度開始までに行う条例の整備では、「特定個人情報」「情報提供等記録」の取り扱いなどについて定めることになります。これまでの「府中市個人情報保護条例」における「個人情報」の扱いとどのような違いがありますか。
  2.  個人番号の独自利用について市としての考えと方針を教えてください。

——————————————————————

順番は20番目。9月2日の午後頃になると思います。
ぜひ傍聴&インターネット中継で応援してください!

傍聴については⇒ こちら 
インターネット中継は⇒ こちら